ロッシーニ、歌劇「絹のはしご」



歌劇「絹のはしご(La Scala di Seta)」 (1990)    
        
            
    



デーヴィッド・グリフィス (David Griffith)
ルチアーナ・セッラ (Luciana Serra)
ジェーン・バネル (Jane Bunnell)
デーヴィッド・キューブラー (David Kuebler)
アルベルト・リナルディ (Alberto Rinaldi)
アレッサンドロ・コルベッリ (Alessandro Corbelli)
サイモン・ヤング(ハープシコード、フォルテピアノ)
ジャンルイージ・ジェルメッティ (Gianluigi Gelmetti) 指揮
シュトゥットガルト放送交響楽団 (Radio-Symphony-Orchestra Stuttgart)



1990年5月6-8日、ドイツ・シュヴェツィンゲン宮殿内ロココ劇場にてライブ収録(シュヴェツィンゲン音楽祭)



輸入盤、EURO ARTS、2054978



2006年8月24日、hmv通販、3070円税込み、2924円税抜き



イタリア語歌詞、100分



イタリア語、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語字幕



日本語字幕なし



あらすじ

全1幕 パリ郊外のドルモン邸
ドルモンは後見している娘のジュリアをブランザックという男と結婚させようと考えている。しかし、ジュリアにはドルヴィルという秘かに結婚した夫がおり、後見人ドルモンの眼を盗んでは、毎夜、彼女が窓から降ろす絹のはしごを通じて夫ドルヴィルと密会を重ねていた。もちろん、時には昼間でも彼女の部屋で愛のひと時を過ごすこともあり、人が来るたびに夫を物陰に隠すことにも慣れていた。
今日も、夜中の12時にいつものように絹のはしごを降ろす約束をして別れたばかり。後見人ドルモンの結婚話から逃れるにはブランザックに姪のルチルラを押しつけるに限ると考えたジュリアは、まず召使いのジェルマーノを抱きこんで彼にブランザックとルチルラの行動を監視するよう命ずる。ジェルマーノは、これはきっとジュリアがブランザックに嫉妬しての指図に違いないと早合点してジュリアに協力を約束する。
一方、ドルモン邸の前で偶然出会ったブランザックとドルヴィルが共にやって来る。二人は旧友であった。旧友ブランザックが妻のジュリアと結婚することになりそうだと聞いて、ドルヴィルは後見人の言うなりになるような娘は止めたほうがよいと暗にジュリアとの結婚に反対する忠告をする。何も知らないブランザックは、直接ジュリアに愛を確かめるので物陰で首尾を見ていてほしいとドルヴィルに頼む。そこに様子をさぐりにきたジェルマーノも部屋の隅に隠れる。
現れたジュリアにブランザックは懸命に口説くがジュリアは相手にしない。業を煮やしたジェルマーノが飛び出して来て、さらにドルヴィルも引っぱり出してしまう。
ブランザックを一人を残して皆が退場した後へルチルラがやって来る。ブランザックはルチルラの美しさに惹かれ、かねてから彼に好意を抱いていたルチルラの方も口ではジュリアに悪いわと言いながらも満更ではない。ブランザックは二人の女性にそれぞれ魅力をひかれて困惑する。
二人が退場した後、戻って来たジュリアは先刻夫のドルヴィルと別れ際に交わした今夜12時の約束を繰り返し一人つぶやく。これを物陰で聞いたジェルマーノはまたもや早合点して、ブランザックに今夜12時にジュリア様があなたをお待ちですと伝えてしまうのでブランザックは大喜びする。ジェルマーノはルチルラに今夜の密会は大変な見ものだと話して互いに物陰に隠れる。
時が真夜中の12時を告げる頃、ジュリアがいつものように窓から絹のはしごを降ろすと早速、夫のドルヴィルが昇って来る。驚いたのは、これを隠れて見ていたジェルマーノ。一方、扉をノックしてやって来たのはブランザック。ジュリアはあわてて夫を化粧室に隠す。その時、窓からぶらさがっている絹のはしごを見つけた後見人ドルモンが、これは何事かとはしごを伝って昇って来る。目の前にいるジュリアとブランザックが密会していたものと信じこんだドルモンは、これこそ思惑どおり二人の結婚式を挙げようと誓約台を用意しようとテーブルを動かすが、その下にはジェルマーノが隠れている。その上、化粧室からはドルヴィルも出て来るのでドルモンはますます混乱する。今さら言い訳もきかなくなったジュリアは、結婚証書を出してすでにドルヴィルと結婚していたことを告白してドルモンに許しをこう。面目丸つぶれのドルモンは烈火のごとく怒るが、ブランザックが私はルチルラと結婚しますと言うので諦め、めでたく二組の夫婦が誕生となって幕となる。



http://www.and.or.tv/operaoperetta/104.htm


by book_cd | 2006-09-13 14:49 | クラシック(DVD 3)
<< ロッシーニ、歌劇「結婚手形」 ロッシーニ、歌劇「セビリャの理髪師」 >>