カテゴリ:ニュース( 44 )

2014/10/07net newsノーベル賞~:物理学賞に赤崎、天野、中村の3氏

2014/10/07net newsノーベル賞~:物理学賞に赤崎、天野、中村の3氏

 スウェーデン王立科学アカデミーは10月7日、2014年のノーベル物理学賞を名城大(名古屋市)の赤崎勇・終身教授(85)、名古屋大の天野浩教授(54)、米カリフォルニア大サンタバーバラ校の中村修二教授(60)の3氏に贈ると発表した。

 赤崎氏と天野氏は、窒化ガリウムを使った半導体結晶の加工技術を確立し、長年不可能だった青色発光ダイオード(LED)や青色半導体レーザーなどの開発に成功。中村氏はそれらの量産技術を開発し、世界で初めて製品化した。青色LEDは屋外大型ディスプレーや携帯電話のバックライト、屋内照明や信号機などに広く応用され、省エネに大きく貢献。青色レーザーは大容量光ディスクや高速通信機器など今日のIT時代に不可欠なさまざまな技術を可能にした。

 授賞理由は「明るく省エネルギーの白色光源を可能にした効率的な青色LEDの発明」。日本の受賞は2012年の山中伸弥・京都大教授に続く快挙で、物理学賞は2008年に南部陽一郎、小林誠、益川敏英の3氏が受賞して以来。

授賞式は12月10日にストックホルムで開かれ、賞金計800万スウェーデンクローナ(約1億2000万円)が贈られる。

 青色LEDは、赤色、緑色の開発に続いて、世界の研究者が開発に取り組んでいたが、材料となる窒化ガリウムの半導体結晶を作る技術が困難を極め、1970年代後半には多くの研究者が断念していた。

 赤崎氏は、17年間勤めた松下電器産業から名古屋大に戻った1981年に窒化ガリウムの研究に着手。1985年、サファイアの基板の上に、クッションとなる中間層を置き、その上に窒化ガリウムのきれいな結晶を作ることに成功。1989年に世界で初めて青色に発光させ、窒化ガリウムによって青色LEDを製造できることを証明した。1995年には青色半導体レーザーの開発にも成功した。

 中村氏は、徳島県阿南市の蛍光材料メーカー「日亜化学工業」に技術者として在籍していた1988年、赤崎氏の研究を踏まえ、窒化ガリウムを使った青色LEDの製品化に着手。結晶をサファイアの基板に直接、均一に薄く成長させる技術を5年で編み出し、1993年に青色LED、1999年には青色レーザーの製品化を世界で初めて成し遂げた。

 一方、2004年1月には、青色LED製法特許の譲渡に対する対価を日亜化学工業に求めた裁判で「200億円判決」(2005年1月、東京高裁で8億4000万円で和解)を勝ち取り、「技術者の反乱」と話題を呼んだ。

 青色LEDの実現で、光の三原色をLEDで作り出すことが可能になり、白色の照明や屋外のフルカラー大型ディスプレーなどの実用化につながった。寿命が長く消費電力が小さいLEDは、地球温暖化防止や省エネ型の照明として、とりわけ原発事故後に国内で爆発的に普及が進んだ。

 また、青色レーザーの開発で、従来のDVDに比べ単層で5倍、複層化で数十~数百倍もの情報が記録できる次世代光ディスク「ブルーレイ」が実現。映画やハイビジョンテレビの録画など、大容量記録媒体の主流になりつつある。(net news)



赤崎勇~鹿児島県川辺郡知覧町(現・南九州市)出身。鹿児島市立大龍小学校、鹿児島県立第二鹿児島中学校から第七高等学校 (旧制)を経て京都大学理学部化学科卒業。松下電器産業東京研究所基礎研究室長、名古屋大学教授、名城大学教授等を経て、現在は名城大学終身教授、名古屋大学特別教授。工学博士(名古屋大学)。文化勲章受章者、文化功労者。窒化ガリウム (GaN) の結晶化に関する技術を開発し、世界初の高輝度青色発光ダイオード(青色LED)を実現させたことで有名である。青色LED関連の特許料を建設費の一部に用いて、名古屋大学東山キャンパス内に赤﨑記念研究館が建設され、2006年10月20日に開館した。(wikipedia)


天野 浩~日本の電子工学者。工学博士(名古屋大学)。専門は、半導体工学。名古屋大学大学院工学研究科教授。赤崎勇と共に、世界初の青色発光ダイオード(青色LED)の開発に成功した。(wikipedia)

中村 修二~日本生まれ、アメリカ国籍の技術者、電子工学者。元日亜化学工業社員、電子工学者、工学博士。 高輝度青色発光ダイオードや青紫色半導体レーザーの製造方法などの発明・開発者として知られる(青色発光ダイオード自体は以前からあったが、低輝度であった)。アメリカ合衆国のカリフォルニア大学サンタバーバラ校(UCSB)教授(Professor of Materials & ECE, Director of Solid State Lighting & Energy Center)、愛媛大学客員教授。愛媛県西宇和郡瀬戸町(現在の伊方町)生まれの大洲市出身(小学校時代に転居)。徳島大学工学部を卒業後、同大学大学院工学研究科修士課程修了。修了時、京セラにも内定していたが、家族の養育の関係から、地元の日亜化学工業に就職。商品開発に携わった。

日亜化学工業社員時代に青色発光ダイオードの開発を社長に直訴し、会社から約3億円の開発費用の使用を許される。アメリカ合衆国のフロリダ大学に1年間留学後、日亜化学工業に戻り、2億円ほどするMOCVD装置の改造に取り掛かるが、社長の交代等もあり研究の取り止めを求められた(著書より)。その後、青色発光素子であるGaN(窒化ガリウム)の結晶を作製するツーフローMOCVDを発明した。ツーフローMOCVDは通称404特許と呼ばれ日亜化学工業と特許権譲渡および特許の対価の増額を争った。

なお、日亜化学工業は同訴訟中にツーフローMOCVDは無価値だと述べており、訴訟終了後に特許権を中村に譲渡することなく放棄している。この高裁控訴審において高裁から示された和解勧告に対し、中村は弁護士とは異なる記者会見を設け「日本の司法は腐っている」と述べた。

2005年、東京理科大学の大川和宏助教授の研究グループとの共同研究による、窒化物半導体を用いた光触媒デバイスを発表した。窒化ガリウムの結晶と導線で結んだ白金を電解質水溶液に浸し、窒化ガリウムに光をあてることで電流を発生させ、水を電気分解することによって水素と酸素に分離することに成功した。光を使って水から水素を容易に取り出せることから、新たなエネルギー変換技術として期待されている。(wikipedia)


中村 修二氏は、アメリカ合衆国の国籍、現在は日本国籍でない、日系アメリカ人で、日本人でないはず、テレビでは、日本人と報道、誤った報道ばかり。
「日本の司法は腐っている。」発言、そのとおり、大企業に有利な判決しか出さない。
これが日本の裁判所の現実。
中村修二教授おめでとう。
[PR]
by book_cd | 2014-10-07 23:14 | ニュース

2014/10/02net news【御嶽山噴火】死者、計48人に 雲仙普賢岳上回り戦後最悪に

2014/10/02net news【御嶽山噴火】死者、計48人に 雲仙普賢岳上回り戦後最悪に

 長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(おんたけさん)の噴火で、長野県警は1日、新たに23人の死亡が確認されたと発表、これまでに確認された分を含め、死者は計48人となった。  火山活動による被害では、平成3年に行方不明者を含め43人が犠牲となった長崎県の雲仙普賢岳を上回り、戦後最悪となった。


私の居住地にも活火山の「樽前山」が存在、いつ噴火してもおかしくない状態。
妻は、札幌市のマンションを希望したが、私は、雪が多いところが嫌い。
私は、雪の少ない、苫小牧市を選択した。
活火山であるのを認識、噴火して埋もれたら運命と思い諦める。
沈静化しているが、活火山の「樽前山」には、登山はしない。
これが、常識というか、普通だと思う。
ニュースを聞くと火山情報が少ないなど、行政のあり方の批判があるが、他人の批判ばかり。

私の考えに、賛同者はいないと思うが、活火山に登山することが、非常識。
自殺と同じ。
或いは、自然をなめている。

北海道の冬、時々、視界ゼロの猛烈な吹雪。
私は、リスクを避け、外出しない。
ほとんどの人は、馴れていて、気にせず外出。
そして、年に数人、吹雪で死亡している。
その際も、道路の管理が悪い、除雪の不備、情報の提供が遅いなどと、行政機関を批判。
過去に吹雪で死んでいることを、認識、ニュースでも報道している。
自分は、大丈夫という、甘い考え。
自然を侮っている。
自然は、敵。
危険な場所には、行かない。
危険な時間帯は、避ける。
一般論として、日本人は、平和ボケ。

死亡者は、気の毒に思うが、活火山に登山する必要があったのか、疑問。
活火山でない紅葉の綺麗な山々はたくさん存在している。
活火山の御嶽山を選択したミス。
皆様のNKHのコメントを聞きたいもの。

人生は、選択の連続。
選択をミスすれば、自分に跳ね返る。
選択を誤れば、死ぬことが、時々ある。

学校の選択。
仕事の選択。
住まいの選択。

私は、高校の選択で失敗、自宅近くの高校を選択せず、遠くを選択、通学が嫌いになる。
仕事の選択に失敗、自動車会社の給与が安い。
そして、倒産しない、給与がそこそこ高いところに、転職。
中途採用だから、勤務年数で不利益。
定年前に退職。
全て、自分が選択した結果。

減額年金、財形年金、預貯金で生活している。
好きな本を読み、好きな音楽を聴いて、リタイア生活。

リタイア生活の拠点、「樽前山」のある苫小牧市。
自分で選択した結果の人生の拠点、「もしも」とか「仮に」とかは、もうありえない。
これが私の選択した人生。

自動車会社に勤務していた際、洗車機の200ボルトに感電、死ぬところであった。
同僚の車両に同乗、側面衝突、軽症ですんだ。

運命的なものもあるだろうが、自分の選択。
反省点は、洗車機の電源を切ってから、点火装置を清掃すること。
更に、運転の荒い同僚の車両には、同乗しないこと。

危険を避ける能力を身に付ける。
平和ボケを脱却、戦闘地域にいると仮想して行動する、これは無理か。

結論は、危険地域の活火山には近づかない。
住んでいる人は、私のように諦める。
「樽前山」から煙が時々見える、噴火しないことを祈る。

死亡者の冥福を祈る。
生存者には、今後、活火山の登山はしないよう、アドバイスする。
居住者には、引越しを進める。
引越し困難者は、私のように諦めて運命に任せる。

「樽前山」が大噴火したら、自宅に噴石が落下。
苫小牧川に火砕流、私と妻は確実に死ぬ。
雪の少ない苫小牧市を選択したのは私。
雪の多い道央には、住みたくないから。

いつかは、「樽前山」は大噴火する。
自然は、敵。
自然には、勝てない、無力。

火山の噴火だけでなく、津波も危険。
10mの津波が来たら、終わり。
住宅は、海からも近いし、海抜も低い。

地球の寿命は、17億5000万年~32億5000万年。
人類の残りの寿命は4500年から680万年である可能性が95%らしい。

噴火も津波も1000年後か2000年後に来てほしい・・・
私は、ブログで独り言。


2014/10/04追記
報道を見ると、立派な人々が亡くなっている。
立派な人たちの友人、知人は、「活火山は危険でないの?、安全な山に登山したら。」など助言しなかったのだろうか。
立派でない人は、亡くなっていいような言い方、私の受け取り方が偏屈なのか。

「早く捜索を」とのテレビ、新聞の大合唱。
有毒ガス、泥流など二次災害の危険がある。
自衛隊、警察、消防、市町村職員など、危険な地域で活動している人々への感謝、労いが少ないように感じる。

道産子・網走管内・網走南が丘高校出身の女性も亡くなっていた。
冥福を祈る。

長野、岐阜県境にある御嶽山(おんたけさん)の噴火で、北海道大空町出身の会社員上方麻衣さん(31)=東京都中央区=が亡くなった。勤務先の同僚2人と登山中に被害に遭ったとみられる。「元気で友達がたくさんいた」。高校時代の友人は悲しんだ。

上方麻衣さん(31)
 

麻衣さんが育った大空町の実家には、勤め先の投資信託会社「ニッセイアセットマネジメント」(東京都千代田区)から遭難の連絡が入り、父敏浩さん(53)は9月30日に現地で一人娘の麻衣さんと対面したという。同社によると、麻衣さんは27日朝から入山していたという。

麻衣さんは隣市の網走南ケ丘高校を卒業後、英語を学ぶため上京。敏浩さんとはよくメールなどで連絡を取り合っていたという。

上方麻衣さん(31)2


そこそこ美人だし、投資信託会社「ニッセイアセットマネジメント」に勤務し、網走南ケ丘高校の勝ち組だったのに、死亡したら終わり、31年の人生か、運命は冷酷、無情。

両親より先に、逝くのは、親不孝。
活火山に登山する選択、秩父の山、箱根の山など関東にも、紅葉が綺麗な山々がたくさんある。

私は、やりたいことは、やり尽くした、私の人生の期間を譲れるものなら、譲りたい。
私は、歯が弱ってグラグラし、ED障害だし、死ぬのを待つだけのショボイ人生だから。
好きな音楽を聴いて、年に数回コンサートに行き、熟女サロンに立ち寄り、惰性の人生。


2014/10/07追記

上方麻衣5


御嶽山の噴火で亡くなったオホーツク管内大空町出身の会社員上方(かみかた)麻衣さん(31)=東京都中央区=の遺骨が10月4日、消防署員の父敏浩さん(53)とともに故郷の大空町に戻った。敏浩さんは自宅で取材に「誰とでも友達になれるような明るい性格で、多くの人にかわいがられた人生だった」と一人娘の短すぎる生涯を振り返った。

 麻衣さんは休暇中の9月27日、勤務先のニッセイアセットマネジメント(東京)の同僚2人と御嶽山に登った。敏浩さんによると、麻衣さんは山頂にある神社の鳥居付近でうつぶせの状態で見つかった。噴石を頭に受けたのが致命傷となったとみられる。

 麻衣さんの趣味は得意の語学を生かした海外旅行。麻衣さんから敏浩さんに電話があったのは同24日。旅行先のミャンマーからの帰国報告で「どこが良かったとか、飛行機に乗り遅れそうになったとか、いつもの調子で明るく話していた」という。それが親子の最後の会話となった。(net news)

そこそこ美人、31歳、短い人生、冥福を祈る。
以前近隣の斜里町に居住していた道産子の私。
大空町は、女満別町と東藻琴村が合併したと記憶している。
1年に2、3回遊びに行く程度だった。
ダチョウの料理を出す食堂がある。
通過するが、立ち寄ることは少ない。

31歳、若すぎる、親不幸。
一人娘を亡くした親に同情していまう。
私にも、一人娘、33歳、結婚したし、今現在は安心、親として肩の荷が下りた感じ。
18歳から女子寮、浪人、道内の大学、道内に就職。
転勤族なので、娘と離れて生活が15年。
18歳までの娘しか記憶にない。
18歳以後、教育費、生活費を1300万円も負担した、親の責任を果たした。
急に死なれたら、ガックリする。

網走管内では、一番良い網走南が丘高校、関東の大学に進学、親の経済的な負担も多いだろうに。
親のことを考慮、心配りがあれば、登山なんかしては、いけない。
登山を許すとしても、活火山を選択したのは、ミス、残念。
若い人の死は、悲しい。
高齢者の死は悲しみが少ない。(怒る人もいるかも、ゴメン。)

子供が成長し、私の任務は終了した、余生を少し楽しみたい。
70歳まで生きて、趣味を楽しんで死ぬだけ。
年金生活でダラダラ生きるのも人生。
事件・事故で死ぬのも人生。
不公平、公平でないのが人生。
年齢に関係ないし、貧富の差にも関係なし、「死」だけは必ずくる。

実父は39歳でガンで死亡、私は4歳、親の義務を果たすことなく病死の短い人生。
実母は90歳で生存。
私は、親の義務を果たし、実父より20年も生存。
子供にも、親の義務を全うした人生を送ってほしい。

上方敏浩さん(53)は、親の義務を果たした。
東京の大学まで行かせた、経済的負担。
18歳まで大空町での生活、以後13年離れての生活。
多分、上方麻衣さん(31)の結婚、子供を期待していただろう。
遺伝子の継承は、種としての義務。
上方麻衣さん(31)は、種としての義務を未了のまま逝去。
親も本人も無念を感じていると類推する私。
上方麻衣さん(31)の冥福を祈る。

[PR]
by book_cd | 2014-10-02 23:11 | ニュース

2014/09/28NHK スペシャル「老人漂流社会 "老後破産"の現実」

2014/09/28NHK スペシャル「老人漂流社会 "老後破産"の現実」

高齢者人口が3000万を突破し、超高齢社会となった日本。とりわけ深刻なのが、600万人を超えようとする、独り暮らしの高齢者の問題だ。その半数、およそ300万人が生活保護水準以下の年金収入しかない。生活保護を受けているのは70万人ほど、残り200万人余りは生活保護を受けずに暮らしている。年金が引き下げられ、医療や介護の負担が重くなる中、貯蓄もなくギリギリの暮らしを続けてきた高齢者が“破産”寸前の状況に追い込まれている。在宅医療や介護の現場では「年金が足りず医療や介護サービスを安心して受けられない」という訴えが相次いでいる。自治体のスタッフは、必要な治療や介護サービスを中断しないように、生活保護の申請手続きに追われている。“老後破産”の厳しい現実を密着ルポで描くとともに、誰が、どういった枠組みで高齢者を支えていくべきか、専門家のインタビューを交えながら考える。(2014/09/28netから)

番組を見たが、まあ、お粗末な構成、全員ではないが、計画性もなく自分で好きに生きて、堅実な生活をして自己のために貯蓄、保険、年金に支払うこともせず、税金に頼るよう進める姿勢、国家、自治体に対応せまるNHKの番組構成、いただけない。

10万円の年金支給を受けて、6万円の家賃、電気を止められている、残り4万円で生活、港区に居住している男性、生活設計が悪すぎ、安い家賃の公営住宅に移転すれば、もっと生活が豊か、ネットカフェ生活者の要領の良さを研究すべき。

相変わらず、ムカツク、高慢なNHK

高い受信料を、少しまわしてやれば・・・、出演料100万円を支給し、援助すべきだね、なんたって皆様のNHKだから・・・
[PR]
by book_cd | 2014-09-28 23:00 | ニュース

2014/09/26賃金格差のNHKニュース

2014/09/26賃金格差のNHKニュース

年収1000万円以上の割合4%に増加
年収200万円以下の割合24%に増加
年収格差が大きいとの報道。

なる程と肯くが。
NHKの職員の年収はどれくらいか. 大卒モデル年収では、30歳で563万円、35歳で700万円(25年度)です。 管理職については年俸制となっており、25年度の基本年俸は、995.2万円(D1(課長クラス))、1,287万円(D5(部長クラス))、1,554万円(D8(局長クラス))など。

NHKを解体すべきだね、国営放送の如き行動なのに、公務員より高収入、ムカツク。

生活困窮者の報道、奨学金の返済困難者の報道、報道するのは立派、しかし、報道する側の高収入に、なんか納得しかねる、受信料金が高いから、高収入、受信料金を10円にする、JR、NTTのように分社化し、派遣社員の採用、ニュース、天気予報、地震速報に限定、必要最小限の番組構成を希望する。

娯楽番組は必要ない、廃止、教養番組は、見たい人だけ、料金を支払うシステム、当然スクランブル化を実施して、料金を支払わない人は、見ることは不可能状態にする。

スクランブル化は、NHKが反対し、実施する気配なし、なぜならスクランブル化すると、見ない人がほとんどと思っている。

見るのは、孤独な高齢者と趣味のない中高年、そして携帯、スマホ、パソコンのない幼児。

NHKは、受信料を支払わない人に対し、訴訟を起こすなど、なかなか行動的である、スマホ、パソコン、カーナビの所有者にも訴訟を起こし、政治問題、社会問題になればおもしろいが、そこまでの勇気はNHKにはない。

私は、肥大化した、今のNHKが嫌い。

衛星放送、ネット、出版まで、拡大、従って内部犯罪発生、横領、背任、空出張、愛人同伴出張、不祥事続発、ほとんど隠蔽工作。

NHKの高いDVDまである、モーツァルトのオペラ、9000円もした、暴利も凄い。
ボッタクリ商法。

受信料の用途は、限定的にして欲しいもの。

ニュース、天気予報、地震速報だけに存在するNHKが好き、受信料金月額10円を支払う気持ちがマンマン。
年間120円、10年分1200円。

人口の半分6000万人が支払うと、月6億円、年72億円、10年分720億円、多過ぎるかな。

私は、60歳で年金生活、減額年金12万円、財形年金4万円、個人年金4万円、月18万円で生活。
年収216万円、預貯金使用分100万円、合計316万円で、この1年を過ごす。

無駄なことに使用する高い受信料金は支出出来ない。

チープな生活の私、ネットで無料のHORROR FULL MOVIEを見る。

NHKがなくなると困る人~当然高収入のNHK職員、NHKに出演している俳優、タレント、コメンテーター、政治家、その他利権に群がる人々。

NHKが消滅しても困らない人~テレビを見ない人、スマホ或いは、パソコンを所有している人、そして私。

積極的に且つ活動的なタイプでないので、NHK解体運動を展開する気はない。

誰か、NHKを解体し、正規職員を派遣社員に、厳しい路頭に、そしてネットカフェ難民に、願望、安倍総理大臣にも出来ない。

NHKの所管は、総務省、総務大臣、NHKを解体・分社化頼みます。

単にNHKが、ムカツクだけ、独り言。

ついでに、N響小澤事件について、NHKが嫌いな原因のひとつ、小澤征爾が外国人指揮者なら、ボイコットはされなかった。

才能ある若い日本人指揮者に嫉妬したNHK饗の楽団員たち、NHK職員の高慢さと同根、真相は風の中。

出る杭は、打たれる、日本の風潮。

外国人指揮者をボイコットする勇気があるなら、NHK饗の存在を許すけど、今のNHK饗の楽団員たちにそんな根性はないし、ネット社会、2チャンネルで非難の嵐、面白いのに残念。

NHKが嫌い。
[PR]
by book_cd | 2014-09-26 23:55 | ニュース

被告は「河野洋平」 司法にも持ち込まれた強制連行 談話を巧妙利用。(2014/09/01 NET NEWS)

 米国での韓国系と中国系の反日勢力は、慰安婦など歴史問題での日本糾弾を1990年代末から司法の場でも展開した。





被告は「河野洋平」





 韓国、中国、台湾、フィリピン出身の計15人の「元慰安婦」と称する女性たちが共同で原告となり、2000年9月、ワシントンの連邦地方裁判所に日本政府を相手に損害賠償を請求する訴えを起こした。



 原告たちをサポートしたのが「ワシントン慰安婦問題連合」(慰安婦連合)を主体とする韓国系政治団体で、中国系の反日団体「世界抗日戦争史実維護連合会」(抗日連合会)の協力を得ていた。



 この訴訟は「被告」として「日本政府の代表」である河野洋平を名指しした。彼が当時の外相だったからだ。日本政府は反論として、賠償はサンフランシスコ対日講和条約(1951年)での国家間の合意で解決済みという立場を取り、訴訟の却下を求めた。



 「慰安婦連合」が「元慰安婦」とともに米国の裁判所に起こした訴訟には奇妙な点がいくつもあった。いくら訴訟の自由な米国でも外国籍の女性たちが他の主権国家である日本政府を訴えることは「外国主権者免責法」で阻まれる。(2014/09/01 NET NEWS)


[PR]
by book_cd | 2014-09-01 18:49 | ニュース

サンフランシスコ市に新たな慰安婦像計画 中国系が準備委設置。(2014/08/31 NET NEWS)

サンフランシスコ市に新たな慰安婦像計画 中国系が準備委設置



 【ロサンゼルス=中村将】米カリフォルニア州サンフランシスコ市で中国系住民らが慰安婦像の設置計画を始動したことが29日までに、明らかになった。すでに準備委員会を設立し、公共スペースでの設置を目指している。これまで米国内の慰安婦像や碑は韓国系が推進しており、計画が実現すれば中国系による初の設置となる。米国における慰安婦問題で中韓連携が一層強化される恐れもある。



 関係者によると、中国系の準備委が像の設置場所として選んだのは観光名所の一つ、チャイナタウン(中華街)の中心にある「ポーツマス広場」。市が進める広場の再開発事業に合わせて像を設置しようとしている。



 像のデザインは慰安婦を連想させる女性の胸像で、その下に「日本軍によって強制的に性奴隷にさせられた数十万人のアジア女性の痛みを忘れない」との趣旨の碑も設置するという。



 市は12月まで広場のデザインなどの再開発案を一般から募集。準備委は署名を集めた上で、市側に像設置の計画案を提出する。準備委は中国系のエド・リー市長にも直接、像設置の計画案を送付するとしている。



 中国メディアによると、準備委関係者は「韓国系団体とも連携を取り、支持を求めていく」としている。関係者によれば、同州を拠点に反日宣伝活動を行う中国系団体「世界抗日戦争史実維護連合会(抗日連合会)」が準備委を支援しており、中国系のサンフランシスコ市議も像設置案への支持を表明している。(2014/08/31 NET NEWS)





河野洋平元官房長官の責任は重大、自民党は河野洋平元官房長官の責任を追及すべき、問責すべき時期である。



何の行動を起こさない自民党も異常。



今、河野談話を破棄すべき、誤った妥協の産物が、現在の韓国の反日の根源。



反日しかない韓国、親日になるのを期待するのが、おかしい。



反日行動には、反韓行動で示す。



親日行動には、親韓行動で示す。






[PR]
by book_cd | 2014-08-30 08:33 | ニュース

菅長官「河野談話、継承し見直さない」 新談話に否定的。(2014/08/28NET NEWS)

菅長官「河野談話、継承し見直さない」 新談話に否定的。(2014/08/28NET NEWS)



菅義偉官房長官は8/27午前の記者会見で、自民党の高市早苗政務調査会長が戦後70年となる2015年に、慰安婦問題をめぐる1993年の河野洋平官房長官談話に代わる新しい官房長官談話を求める文書を提出したことについて「政府の立場は河野談話を継承するものであり、見直すことはない」と述べ、新談話の作成に否定的な姿勢を示した。



ほかに高市氏が文書で求めた河野談話の検証結果を国際社会に発信することや、教科書検定の厳正実施などについては「強制連行はなかったのだから、しっかり説明することは大事だ」と述べた。(2014/08/28NET NEWS)



 





菅義偉官房長官、この政治家もアホ、論理的でない。



韓国の圧力、朝日新聞の捏造記事で河野談話がなされたのに、見直ししないと、アホ政治家の典型。



こんな政治家、落選させるべき。



選挙区が違うし、そんな政治力は、私はない。



更に、選挙に行っていないから、関係ないけど。



河野洋平の責任を問うべき。



河野洋平は、生きているのかな。



河野洋平も怪しい政治家。



河野談話はムカツク。



韓国との関係が悪化している、今が、見直しのチャンス。



韓国との関係が良好なら別だが。



日韓関係を悪化させて、政権維持している韓国大統領の失政のせいにすれば、韓国が困るだろう。



日韓関係の事業や貿易で生活している人々は、多分困る。



私には関係ないし、リタイヤ生活に影響はない。



朝日新聞と河野洋平を追及すべき。



雪印乳業、北海道拓殖銀行のように倒産に期待する。



菅義偉官房長官、この政治家も怪しい



 



 



平成5年に慰安婦に関する官房長官談話を出した河野洋平元官房長官が2014/6/21、山口市の山口市民会館で講演し、「日韓関係を良好にするために談話を出した。日本は反省しなければならないと感じた」などと釈明した。



隣の会場では、インターネットを通じて保守的で辛らつな批評活動を続けるテキサス親父ことトニー・マラーノ氏が「韓国人は日本人が苦しむのが好きなのさ。俺たちは敵を間違えてはいけない」と、慰安婦問題をめぐり日本批判を続ける韓国を批判した。



直接バトルこそなかったが、両会場の参加者までも火花を散らすにらみ合いが続き、朝日新聞の報道に端を発した慰安婦問題の根深さをうかがわせた。(NET NEWS)   



 





河野洋平元官房長官、この気弱な政治家が悪の根源、まだ、生きていた様子。



韓国系ロビーから政治献金を受領している疑い濃厚。



そういえば、民主党で、韓国人から政治献金を受領していた政治家がいた、だれだったか忘れた。


[PR]
by book_cd | 2014-08-28 15:54 | ニュース

福田康夫元首相は2014年8月27日午後、東京都内での講演後の質疑応答で、7月下旬に北京で中国の習近平国家主席と極秘会談したことを認めた。(2014/08/28NET NEWS)

福田康夫元首相は2014年8月27日午後、東京都内での講演後の質疑応答で、7月下旬に北京で中国の習近平国家主席と極秘会談したことを認めた。(2014/08/28NET NEWS)



沖縄県・尖閣諸島情勢と歴史認識問題で緊張状態にある日中関係について「危機感は(双方共に)同じようなものを持っている」と明らかにした。習氏との会談について福田氏が公の場で言及したのは初めて。



11月の北京でのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の際、安倍晋三首相と習氏による首脳会談を実現する必要があるとの認識を示し、「できなければ、(日中関係が)どうなるのか考えないといけない。その時はかなり難しい状況になる」と強調した。



習氏には対日関係改善の意欲があると言及し、「習さんは日本の悪口は言っていない。私と習さんとの考えは変わらない」と指摘した。(2014/08/27NETNEWS)



 



福田康夫元首相の父親の福田赳夫元首相は、テロに屈して超法規的措置と称して、テロリストを釈放して、世界各国から非難と嘲笑を浴びた。



父親の福田赳夫元首相が莫迦と思っていたが、息子の福田康夫元首相もアホだった。



中国に利用される間抜け。



尖閣諸島を領海侵犯する国家信用出来ない。



元首相がノコノコ出ることに疑問、現役時代に何を達成したの。



「何も達成しなかった首相」ということで、歴史に名を残す、宇野元首相より悪い。



平和ボケ、元首相。



国民も、私も、みんな平和ボケ。



自室の浮世絵(月岡芳年、歌川広景)を鑑賞しつつ、クラシックのLPレコードを聴いて、のんびり人生の私。



 




[PR]
by book_cd | 2014-08-27 18:13 | ニュース

慰安婦問題 核心は変わらず(2014/08/27asahi NET NEWS)

慰安婦問題 核心は変わらず(2014/08/27asahi NET NEWS)



 朝日新聞が8月5、6日に掲載した慰安婦問題の特集をきっかけに、さまざまな議論が起きている。慰安婦を強制連行したとする吉田清治氏の証言を報じた記事を取り消したことを受け、慰安婦問題で謝罪と反省を表明した河野洋平官房長官談話(河野談話)の根拠が揺らぐかのような指摘も出ている。談話作成にかかわった当時の関係者の証言を紹介するとともに、韓国社会での慰安婦問題の受け止め方を振り返り、改めてポイントを整理した。





■河野談話、吉田証言に依拠せず



 韓国・済州島で慰安婦にするために女性を暴力的に無理やり連れ出したとする吉田氏の証言を報じた記事について、朝日新聞は済州島での再取材や研究者への取材の結果、虚偽と判断し、取り消した。



 これに対し、吉田氏の証言が事実でないならば、河野談話の「根幹」が崩れるとする主張が出ている。



 自民党内でも同様の発言が出ており、高市早苗・政務調査会長は26日、戦後70年となる来年に、河野談話に代わる新しい官房長官談話を出すよう求める申し入れ文書を、菅義偉官房長官に提出した。



 だが、日本政府は河野談話の作成過程で、吉田氏をヒアリングの対象としたものの、その証言内容を談話に反映しなかった。



 談話作成にかかわった当時の政府関係者は朝日新聞の取材に対し、内閣外政審議室の職員が吉田氏に複数回にわたって接触したことを認めた上で「つじつまが合わない部分があったため、談話には採用しなかった」と明かした。



 また、菅官房長官も27日午前の記者会見で「河野談話作成過程の検証で、強制連行は確認できなかったという認識にたって(韓国側と)交渉したことが明らかになっている」と述べ、当時、吉田氏の証言を考慮していなかったとの認識を示した。



 談話作成の根拠になったのは、軍や朝鮮総督府、慰安所経営の関係者の証言のほか、日本の関係省庁や米公文書館などから集めた大量の資料だった。



 河野談話発表の約4カ月前には、当時の谷野作太郎外政審議室長が参院予算委員会で「強制は単に物理的に強制を加えることのみならず、脅かし、畏怖(いふ)させ本人の自由な意思に反した場合も広く含む」と答弁した。



 河野談話も「募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反して行われた」と結論づけ、吉田氏が言うような「強制連行」ではなく、女性たちが自由意思を奪われた「強制性」を問題とした。



 安倍政権が今年6月に公表した、河野談話の作成過程の検証にも、吉田氏の証言をめぐる経緯が出てこないのは、談話が吉田証言を採用していなかったためとみられる。河野談話について、菅官房長官は27日、「見直すことはないと繰り返し言っている」と述べ、歴代政権と同じように継承していく姿勢を示した。



■韓国、元慰安婦証言を重視



 韓国政府が慰安婦問題で最も重視しているのは、元慰安婦自身による多くの証言だ。朴槿恵(パククネ)・韓国大統領は「歴史の真実は生きている方々の証言だ。政治的な利害のためにこれを認めないなら、孤立を招くだけだ」などと繰り返し強調している。



 韓国では、長く続いた軍事独裁政権が終わり、社会の民主化が進んだ1990年代にはいって、慰安婦問題に光があたり始めた。



 その大きな転機となったのは、90年1月に尹貞玉(ユンジョンオク)・梨花女子大教授(当時)が日本や東南アジアを訪ね、韓国紙ハンギョレ新聞に連載した「挺身(ていしん)隊『怨念の足跡』取材記」だった。



 同年6月、参院予算委員会で当時の社会党議員が、慰安婦問題を調査するよう政府に質問したのに対し、旧労働省の局長が「民間業者が軍とともに連れて歩いている状況のようで、実態を調査することはできかねる」と述べ、韓国で強い批判の声が上がった。この答弁に反発した金学順さんが翌91年8月、初めて実名で「慰安婦だった」と認めると、その後、次々に元慰安婦が名乗り出始めた。



 これを受けて、韓国政府は92年2月から元慰安婦の申告を受け付け、聞き取り調査に着手した。



 また、支援団体の「韓国挺身隊問題対策協議会」も93年2月、約40人の元慰安婦の中から信憑(しんぴょう)性が高いとみた19人の聞き取りを編んだ証言集を刊行した。女性たちは集められ方にかかわらず、戦場で軍隊のために自由を奪われて性行為を強いられ、暴力や爆撃におびえ、性病、不妊などの後遺症に苦しんだ経験を語った。



 現役の韓国政府関係者によると、朝日新聞の特集記事が出た後、吉田氏は何と証言したのかとの問い合わせが韓国人記者から寄せられるなど、証言そのものは韓国では一般的に知られているとは言えないという。



 80年代半ばから90年代前半にかけて、韓国外交当局で日韓関係を担当した元外交官は「韓国政府が慰安婦問題の強制性の最大の根拠としてきたのは元慰安婦の生の証言であり、それは今も変わっていない。吉田氏の証言が問題の本質ではありえない」と話す。



     ◇



 〈河野談話〉 韓国の元慰安婦らが1991年、日本政府に補償を求めて提訴したことなどを受け、日本政府は調査を始めた。92年7月には当時の加藤紘一官房長官が調査結果をまとめて発表したが、内容が不十分だとの声が上がり、国内のみならず海外にも調査を拡大。93年8月に宮沢内閣の河野洋平官房長官が公表した。談話は、慰安所について「当時の軍当局の要請により設営された」とし、慰安所の設置や管理、慰安婦の移送に「旧日本軍が直接あるいは間接に関与した」と認めた。



     ◇



 〈河野談話の作成過程検証〉 今年2月の衆院予算委員会で、河野談話の作成に関わった石原信雄・元官房副長官が、韓国との事前のすりあわせを示唆したことを受け、政府の検討チームが談話の作成過程を検証した。安倍晋三首相は、結果が出る前に「(河野談話を)見直すことは考えていない」と発言。検討チームは6月20日、河野談話の作成や「アジア女性基金」の事業をめぐって、日韓両政府が頻繁にやりとりしていたことなどを盛り込んだ検証結果を発表した。



     ◇



 〈吉田清治氏の証言〉 戦時中に山口県労務報国会下関支部の動員部長だったと語る吉田清治氏(故人)は、日本の植民地だった朝鮮の済州島で、慰安婦にするため女性を暴力的に無理やり連れ出したと講演や著書で証言。朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。(NET NEWS)



 



 





記事を捏造する朝日新聞社、反省もない朝日新聞社、謝罪もしない朝日新聞社、こんな新聞社いらない、購読者がいなくなれば倒産。



韓国が買収するかも。



見直ししないと明言の菅官房長官、この政治家も胡散臭い。



検証もなく、裏付けもなく、証拠もないのに、安易に謝罪した河野談話。



みんな嘘つき、マスコミも政治も、ムカツク。



 




[PR]
by book_cd | 2014-08-19 13:46 | ニュース

虚偽証言、誤解広めた要因…慰安婦問題で秦氏(2014/08/20NET NEWS)

虚偽証言、誤解広めた要因…慰安婦問題で秦氏(2014/08/20NET NEWS)



現代史家の秦郁彦氏は19日、BS日テレ「深層NEWS」に出演し、いわゆる従軍慰安婦問題に関連し、吉田清治氏(故人)による韓国で強制連行を行ったとの虚偽証言について、「影響が大きかった。木刀をふるって女性を狩り集めるという非常にわかりやすい話だった」と述べ、誤解を広める大きな要因だったとの認識を示した。   



         

         






朝日新聞は1982年以降、吉田証言を16回報道したが、今年8月5日の特集記事で証言は虚偽と認め、記事を取り消した。秦氏は、朝日から事前に特集記事について相談を受けた際、「謝罪をしていないのはなぜだという声が出るだろう」と指摘したという。




また、秦氏は吉田氏にまつわる話として、「国連に持ち込んで大騒ぎさせますよ」とかつて語っていたことや、吉田氏の著書の出版社から「あれは小説だ」と聞いていたことも明らかにした。


この日は、元慰安婦への「償い金」支給事業などを行った「女性のためのアジア平和国民基金」(アジア女性基金)の下村満子・元理事も出演。同基金に強く反発した元慰安婦の支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会」について、「実は元慰安婦の人権を一切考えていない。反日運動の道具に使っている」と批判した。(2014年08月20日NET NEWS)

新聞・マスコミは、政府を批判し、オピニオン・リダーたる役目を担っていると思っていたところもあった



新聞・マスコミついては、戦前においては、軍国主義の旗振り



戦後は、親中国、親韓国の朝日新聞と、保守系の読売新聞、産経新聞



毎日新聞は、どちら系統かな



北海道新聞は、左翼系だね



苫小牧民報は、政治色がない、生活系、地元密着系



新聞・マスコミを信頼しないことが、一番



日本経済新聞を購読したいが、妻の希望で洗剤を持参した読売新聞、人は物品には弱い



吉田氏は朝日新聞から、いくら金銭授受をしたか、報道してほしい



韓国は、困っているだろうね


[PR]
by book_cd | 2014-08-18 14:58 | ニュース