カテゴリ:渓流釣り( 4 )

渓流釣り(4)



c0095306_21534718.jpg



〇ウグイ(鯎、石斑魚 学名 Tribolodon hakonensis)は、コイ目コイ科ウグイ亜科に分類される



 



〇ウグイ~河川の中流域から上流に生息。一部地域では海に降りた降海型が見られるが、これは近似種のマルタ。このほか、ウケクチウグイ、エゾウグイなどいくつかの種類がある。



 



体長は30cmほど(大きなものは50センチを超える)になる。全体にこげ茶色で側面に1本の黒い筋がある。腹部は繁殖期以外には銀白色である。春になると雌雄ともに鮮やかな3本の赤い条線を持つ独特の婚姻色へ変化する。婚姻色の赤い条線より「アカウオ」と呼ばれることもある。この時期には川の浅瀬の堆積した土砂の上で産卵をおこなう。 一生を河川で過ごす淡水型と一旦海に出る降海型がいる。降海型は北へ行くほどその比率が増す。



 



なお、近縁種としては、北海道などの河川・湖沼に生息するエゾウグイ(Tribolodon ezoe)や、新潟県周辺の河川に生息するウケクチウグイ(Tribolodon nakamurai)-絶滅危惧種などが有名であり、いずれも完全な淡水型である。



 



水遊びの相手として古来よりなじみ深い魚である。釣りでは、ほとんどの餌に食いついてくるため、他の魚を狙う場合にも釣れることがある。餌は普通の釣餌以外に魚肉ソーセージ、かまぼこなどの魚肉練り製品、イカの塩辛、鳥のレバー、カステラ、羊羹、干しぶどう、油揚げ、米粒などでも釣れる。また、小型ルアーを使うルアーフィッシングでも釣れる。引きは小さなサイズでもヤマメ、イワナと区別できないくらいパワフルである。マス類の禁漁期のターゲットともされている。



 



一部では海に下りたウグイをオオガイと呼び区別する。体長も大きいもので50センチを超えるものの、食用魚として認識されていないので、専門に釣る人はほとんどいない。また、生息域がハゼ等の食用魚と重なるため、それを専門としている釣り人からは餌取の外道として嫌われている。(Wikipedia参考)





 



〇ウグイ~河川の中流域から上流に生息。一部地域では海に降りた降海型が見られるが、これは近似種のマルタ。このほか、ウケクチウグイ、エゾウグイなどいくつかの種類がある。
 ウグイは繁殖力の強い魚で、また河川の汚染にもやや強いことから各地の川にたくさん生息している。しかし、独特の臭いがあることと、食べても小骨が多いことから、専門的に狙う人は少ない。ただし、北関東ではアイソといって珍重して食べるところもあるから、料理の仕方が問題なのかもしれない。
 普通は渓流釣り師が冬の禁漁期に狙う場合が多いようだが、引きは強く、手軽に釣り場が選べることから、じっくり狙えば結構楽しめる魚である。
 釣り方はウキ釣りが一般的。渓流の練習と考えてミャク釣りで狙うのもいいだろう。エサは川虫、ミミズ、イクラ。ウグイは体つきがヤマメなどに比べて丸いことからも分かるように、あまり泳ぐ力がない。ヤマメより流れの緩い場所に群れでいるから、ここを狙い撃ちにする。(釣魚図鑑参考)



 



〇誰も食べない。



 



〇釣れたら、笹薮へ投げ込む。


[PR]
by book_cd | 2008-08-23 10:09 | 渓流釣り

渓流釣り(3)











c0095306_21534607.jpg



〇エゾイワナ~アメマス(雨鱒)(学名:Salvelinus leucomaenis leucomaenis)はサケ科サケ亜科イワナ属の魚。日本では日本海側(山形県以北)太平洋側(千葉県以北)に分布する。イワナを亜種で分類するならば、基亜種となる。陸封型をエゾイワナとも呼ぶ。





サケのように海へ降りる降海型(アメマス)と一生海には降りない陸封型(エゾイワナ)が存在する。 体長は14-70cm程度。近年は神奈川県をはじめとする関東近辺でも放流が行われている。 北海道では水産魚種に指定されていないためゲームフィッシングが人気があり、降海型を特に「海アメ」と呼ぶ。(Wikipedia参考)





〇エゾイワナ~北海道及び本州の水の冷たい渓流に生息。最大では50cmを越えるが、平均的なサイズは25cm前後である。大変貪食な魚で、上流から流れてきたもので食べられそうだと何でもくわえてしまう。釣りシーズンは解禁(通常は3月1日)から禁漁(9月30日)までの間に限定されるが、山岳地帯の渓流が釣り場のため、本格的には雪が解ける4月以降からである。釣り方としては、エサ釣りとルアー、フライがある。





エサ釣りは目印でアタリをとるミャク釣りで、穂先が軟らかく、胴に張りのある先調子のサオを使い、仕掛けはサオより短めにする。仕掛けの全長はサオより50cm短いのが標準だが、落差の激しい源流ではサオの半分以下に縮めて使うこともある。エサはミミズが万能。カワムシは食いはいいが、現場で採集しなければならない。姿を見られないように下流からポイントに接近し、水の流れに忠実に、自然にエサを流してやる。アタリがあったら少し送り込んでからアワセる。(釣魚図鑑参考)





〇エゾイワナ~食べても、まずい。誰も食べない。



〇釣れたら、笹薮に投げる。


[PR]
by book_cd | 2008-08-14 14:35 | 渓流釣り

渓流つり(2)











c0095306_21534626.jpg



〇オショロコマ~学名 Salvelinus malma、英名 ドリーヴァーデン(Dolly varden)。





降海型では背部が暗青色、体側は灰色、腹面は白っぽい色をしているが、陸封型では背面は暗褐色から褐色。イワナの白い斑点に対し、黄色、橙色、あるいは赤色の斑点が体側に散在する。繁殖期には、腹面、腹ビレ、尻ビレなど、鼻先などが橙色から赤く発色する。また、側面の小赤斑もより鮮やかになる。 



      





イワナよりもさらに寒冷気候に適応した種類。オショロコマ(同名亜種)、ミヤベイワナ、サザンドリーヴァーデンの3亜種が知られ、日本では北海道だけにオショロコマとミヤベイワナが生息する。   



    





北極海と太平洋北部に広く分布。太平洋岸では、朝鮮半島、北海道からベーリング海、アラスカからアメリカワシントン州にかけて分布。日本より北方に生息する降海型の個体では、孵化後、3~4年を河川で過ごした後、海に下り、沿岸部で2~3年過ごした後、繁殖のために河川を遡上する。一方、北海道では、イワナよりもさらに上流の冷水域に生息し、基本的に海に下ることはない。降海型では全長 127 cm、18.3 kg の報告がある。北海道に生息する陸封型は全長 20 cm 程度。   



      



〇塩焼きして食べたが、熱いときは、食べれるが、冷えると生臭くてまずい。



〇釣りたら、笹薮に投げる。誰も食べない。



〇上流に行けば行くほど、ほとんどオショロコマ。



〇普通は約15~20センチメートルのサイズ、たまに、約25センチメートルの特大のオショロコマが釣れる。



〇内地(本州)の人は、オショロコマをわさわざ釣りに来るが、地元では、誰も狙わない。


[PR]
by book_cd | 2008-08-14 14:23 | 渓流釣り

渓流釣り(1)

c0095306_21534687.jpg



〇ヤマメ(山女魚、山女)は、サケ目サケ科に属するであるサクラマスのうち、海に下らずに、一生を河川で過ごす個体群のこと。



北海道から九州までの川の上流などの冷水域に生息する。サクラマスには、成長とともに海に下る「降海型」のサクラマスと、河川にとどまる「陸封型」の個体があり、陸封型のサクラマスがヤマメである。分類については、サクラマスを参照のこと。



ヤマメは、北海道東北地方では「ヤマベ」とも呼ばれる。2年魚でも全長は20cm程にしかならないが、ダム湖などに下り再び遡上してくるものは40cmに達するものもいる。秋期に河川上流域で1腹200粒ほどの産卵をするので、保護を目的として漁協や県などの自治体などが管理する河川では10月以降が禁漁期間となっている。



体の側面に上下に長い「木の葉・小判状」の斑紋模様(パーマーク)があるのが特徴で、成長とともに次第に薄くなり、30~40cmクラスになると一般には、サクラマスのような銀色に近い魚体となるが、九州熊本県の沢においては大形ながら、紅みを残した魚体(通称・紅ヤマメ)が地元の釣り人に確認されている。



繁殖期になると、体全体が黒っぽくなり、また薄い桃色から濃い紅色までの婚姻色が体側からヒレなどに不定形に表れる。(Wikipedia参考)



〇塩焼きで、食べても、甘露煮しても、おいしい。



〇道東の禁漁期間は5月1日から6月30日まで。(北海道網走支庁で確認すること。)



〇道北の禁漁期間は4月1日から5月31日まで。(北海道上川支庁で確認すること。)



        



〇2004年(平成16年)~渓流釣りを始める。



仕事の相棒、ミスターカリスマから進められる。



ホームセンターで渓流釣りの道具を購入。



記録せず。





    



〇2005年(平成17年)



〇2005年07月02日(土)~33匹。





〇2005年07月04日(月)~28匹。



〇2005年07月05日(火)~28匹。



〇2005年07月13日(水)~34匹。



〇2005年07月15日(金)~26匹。



〇2005年07月19日(火)~27匹。



〇2005年07月22日(金)~6匹。





〇2005年07月31日(日)~31匹。



〇2005年08月13日(土)~27匹。



〇2005年08月16日(火)~13匹。



〇2005年08月30日(火)~11匹。









〇2005年09月02日(金)~9匹。





〇2005年09月06日(火)~8匹。



〇2005年09月20日(火)~14匹。





〇2005年09月24日(土)~24匹。



〇2005年09月26日(月)~19匹。



〇2005年09月29日(木)~16匹。



〇2005年10月02日(日)~16匹。 



〇2005年10月05日(水)~141匹。





〇2005年10月09日(日)~203匹、Sさん、Yさんと熊が出そうなところで。



〇2005年10月17日(月)~59匹。



〇2005年10月20日(木)~46匹。



(2005年の累計819匹)



       



〇2006年(平成18年)~メモ紛失のため不明。



       



〇2007年(平成19年)



〇2007年07月01日(日)~27匹。





〇2007年07月03日(火)~38匹。



〇2007年07月07日(土)~5匹。



〇2007年07月09日(月)~31匹。



〇2007年07月10日(火)~25匹。



〇2007年07月12日(木)~12匹。



〇2007年07月13日(金)~29匹。





〇2007年07月15日(日)~48匹。



〇2007年07月16日(月)~45匹。



〇2007年07月28日(土)~51匹。



〇2007年07月30日(月)~21匹。







〇2007年08月06日(月)~114匹、Sさん、Yさんと熊が出そうなところで。



〇2007年08月10日(金)~8匹。



〇2007年08月11日(土)~80匹。





〇2007年08月29日(水)~176匹、Sさん、Yさんと熊が出そうなところで。



〇2007年09月29日(土)~21匹。



〇2007年10月01日(月)~15匹。



〇2007年10月02日(火)~25匹。



〇2007年10月05日(金)~25匹。



(2007年の累計796匹)



      



〇2008年(平成20年)



〇2008年04月29日(火)~48匹。高橋宅に持参。





〇2008年08月09日(土)~17匹。



〇2008年08月12日(火)~52匹。高橋宅に持参。



〇2008年08月14日(木)~71匹。高橋宅に持参。



〇2008年08月17日(日)~58匹。高橋宅に持参。



〇2008年08月18日(月)~55匹。高橋宅に持参。

〇2008年08月22日(金)~76匹。高橋宅に持参。



〇2008年08月24日(日)~220匹、Sさん、Yさんと熊が出そうなところで。高橋宅に持参。



〇2008年09月02日(火)~188匹、Sさん、Yさんと熊が出そうなところで。高橋宅に持参。



〇2008年09月04日(木)~90匹。高橋宅に持参。



〇2008年09月08日(月)~105匹。高橋宅に持参。



〇2008年09月13日(土)~55匹。高橋宅に持参。



〇2008年09月22日(月)~66匹。高橋宅に持参。



(2008年の累計1101匹)



 



〇2009年(平成21年)



〇2009年04月03日(金)~38匹、Sさん、Yさんと。2時間。



〇2009年04月06日(月)~32匹、ミゾレが降る。



〇2009年04月08日(水)~51匹。千葉宅に持参。



〇2009年04月09日(木)~34匹。山本宅に持参。



〇2009年04月18日(土)~50匹。山本宅に持参。



〇2009年04月20日(木)~49匹。千葉宅に持参。



〇2009年04月29日(水)~71匹。山本宅に持参。



〇2009年07月02日(木)~22匹。雨で不調であった。塩焼きで食べる。



〇2009年07月04日(土)~10匹。2時間。塩焼きで食べる。



〇2009年07月07日(火)~5匹。1時間。暑くてダウン。蕗を採り帰宅する。



〇2009年08月04日(火)~10匹。天候は曇り。2時間。7月は雨ばかり降り、川は増水。久しぶりに行ったが不調。塩焼きで食べる。



〇2009年08月07日(金)~24匹。天候は晴れ。2時間。塩焼きで食べる。



〇2009年08月09日(日)~7匹。気温27度。1時間。塩焼きで食べる。



〇2009年08月15日(土)~29匹。気温23度。1時間。塩焼きで食べる。



〇2009年08月18日(火)~20匹。気温20度。1時間。塩焼きで食べる。



〇2009年08月19日(火)~192匹、Sさん、Yさんと熊が出そうな所へ。5時間。高橋宅に持参。



〇2009年09月04日(金)~280匹、Sさん、Yさんと熊が出そうな所へ。5時間。高橋宅に持参。



〇2009年09月05日(土)~56匹、2時間。千葉宅に持参。



〇2009年09月06日(日)~24匹、2時間。塩焼きで食べる。



〇2009年09月09日(水)~53匹、2時間。寺永宅に持参。



〇2009年09月15日(火)~152匹、2時間半。高橋宅に持参。



〇2009年09月17日(木)~137匹、2時間。レンジャーに持参。



〇2009年09月23日(水)~101匹、3時間。高橋宅に持参。



〇2009年09月30日(水)~87匹、3時間。高橋宅に持参。



〇2009年10月01日(木)~197匹、3時間。佐々木宅に持参。



〇2009年10月03日(土)~74匹、3時間。山本宅に持参。



〇2009年10月08日(木)~37匹、2時間。山本宅に持参。



〇2009年10月12日(月)~17匹、2時間。塩焼きで食べる。



〇2009年10月20日(火)~17匹、2時間。塩焼きで食べる。



〇2009年10月21日(水)~70匹、2時間。勤務先に持参。



〇2009年10月23日(金)~44匹、2時間。山本宅に持参。



〇2009年10月26日(火)~21匹、2時間。勤務先に持参。釣り道具一式を整理、今年度の渓流釣りを終了した。2010匹を達成。



(2009年の累計2010匹)



 



〇2010年の累計0匹~三笠市に仕事のため引越し、渓流釣り一度も行かず。



仕事が忙しいのと幾春別川の水量が多く、釣り場所が見つけることが出来なかった。



 



〇2011年は、釣りに行くぞ。




[PR]
by book_cd | 2008-08-14 14:05 | 渓流釣り